light & fluffy

ふわふわと軽く書きたいことを書きたいときに

MENU

美容院でQRコード決済を勧められた話

f:id:azusa19:20190415001103j:plain

先日、通っている美容院でのこと。

機械トラブルでクレジットカードが読み込めず、仕方なく現金で払うことに。

自分は普段、クレジットカードかモバイルSuicaで会計は済ますのだが、現金なんて会社の飲み会以外だと久しぶりですね、と雑談していたらQR決済を勧められた。

 

QR決済はSuicaみたいにチャージする電子マネー的なものを想像していたのだが、どうやらクレジットカードから支払いをする形式のQR決済もあるとのことだった。

というか、半分くらいがそうらしい。

no-genkin.com↑のページで18件のサービスが紹介されていて、半分の9件が登録したクレジットカードから支払い(VISA/mastercard)が可能。

 

それならアプリのインストールだけしておこうと思い、美容院で使えて、かつ、今後も残りそう(と店員から聞いた)楽天ペイをダウンロードしてみた。

登録とインストールは案外簡単なものだ。

実際に使ってはいないが、そのうち使ってみたい。(多分1~2ヶ月後の次回の美容院のタイミングかな)

 

QR決済の導入に踏み切れなかったのは、チャージする手間(があると思っていたこと)もそうだが、どれを使えば良いのかわからないという理由もあった。

サービスが乱立していて、どれを使えば良いのか利用者側はわからない。これが導入のハードルを高めて、普及を妨げているような気もするのだが、どうなのだろうか。

 

通っている美容院では一通り使えるようにしていたけど、入金のタイミングは楽天ペイが翌日と一番早いために残って欲しいとのこと。遅いサービスだと月末締めの翌月末入金となっているらしい。

 

サービスの乱立で言えば電子マネー、特に交通系ICカードは未だに地方ごとにあって、いい加減統一してくれと思う。

具体的には関東-静岡間(熱海‐函南間)はSuicaでまたげないのだが、解消するつもりがあるのだろうか。関東の中でJRと私鉄の乗り換えが同じカードでできるのに、JR間はできないというのも普通に考えればおかしな話である。

 

サービスを選べるというのは競争もあって良いことだけど、こういった類のことはどうするのがベストなのかわからない。国が主導して規格を統一するのもおかしな話だし、かといって現状がベストとも思えない。

最初から2,3サービスだった場合、永遠に統一されずに終わってしまうパターンも有りうるから乱立するほうがベターという説もあるかもしれない。

© 2017 azusa's memo.