light & fluffy

ふわふわと軽く書きたいことを書きたいときに

MENU

外貨建債券(ブラジルレアル)を買って、わずかに収益が出た話

ほんとわずかにです。

 

f:id:azusa19:20190406222903j:plain

3年半前の2015年9月に投資したブラジルレアル建社債が先月償還されてました。

税引前年率10%という高い利率に当時の自分は惹かれ、いい投資かもしれないと試しに買いました。

結果は為替変動や購入手数料も含めて合計で6.4%の収益。3年半という期間を考えると年率は約1.9%になります。

 

年率10%(税引き後8%)が年率1.9%になった経緯をまとめておきます。

 

 

今回の投資の詳細

債権の中の外貨建債権で、その中でもブラジルレアル建社債という枠に分類される商品でした。

 

期間:2015年9月~2019年3月

利率:年10%(税引前) 年2回の利払い

申込単位:5,000ブラジルレアル以上、5,000ブラジルレアル単位

 

当時の売り込み記事には下記記載がありました。

・5000ブラジルレアル(当時 17万円ほど)から投資が可能

・年率10%(税引前)という好利率

・円安になった分だけさらに利回り上昇が期待できる

 

比較的少額から、好利率の投資ができ、運が良ければさらに利益が出るかもしれないといったものです。

当時は積立による投資信託投資を始めたばかりで、それ以外の少しハイリスクハイリターンな投資をしてみたいと考えていたこともあり、購入に踏み切りました。

 

入出金のまとめと為替レート

購入資金:174,700円 (5,000ブラジルレアル + 手数料 5,000円分)

合計利払い額(税引後):37,933円 (3年半で計6回分。税引後だと1回は4%相当)

償還額:147,950円

収益:11,183円 (+6.4%)

 

まず手数料で5000円(資金の3%相当)が必要でした。

そして為替レートは以下のように変動しました。

2015年9月:約33.5円

2019年3月:約29.6円

 

4円ほど下がっています。つまり、5,000ブラジルレアルは日本円で20,000円ほど価値が下がっていることになります。

手数料を加えても利払いでカバーできており、最終的にはプラスとなっていますが、年率換算は当初の10%(税引き後8%)から考えると相当低い結果です。

 

まとめ

3年半前の自分のように好利率に惹かれて購入したくなるかもしれませんが、実際の年利率はこのように非常に低くなる可能性もあります。

また、3年半も資金が拘束されていました。

 

今回は利率が高かったためにわずかに収益が出ましたが、タイミングが悪かったり、もう少し利率が低い場合は損していたことにもなります。

 

新興国はこういったリスクがあります。

実例を通じて伝わればと思います。

 

実は同時期にトルコリラについても同じような商品に投資をしています。

償還日は半年後です。為替レートの関係で損する可能性が高いので、また結果が出ましたらまとめます。

 

今回の結果を受けて、安易にハイリターンの商品には手を出さないことを肝に銘じたいです。

  

www.azusasmemo.com

© 2017 azusa's memo.