light & fluffy

ふわふわと軽く書きたいことを書きたいときに

MENU

dysonコードレス掃除機を買った

先々週、dysonのコードレス掃除機を買いました。

1世代前のV8 Fluffyという機種です。

 

2週間使ってみて、いいところ、悪いところが見えてきたので書こうかと。

ちなみに、コードレス掃除機を使う前は↓みたいなキャニスタータイプの掃除機を使っていたので比較対象そちらになります。他社のコードレス掃除機とかではありませんのであしからず。

f:id:azusa19:20190328205123p:plain

 

 

メリット

気軽に掃除ができる

好きなタイミングで手に取り、引き金を引くだけで掃除が始められます。

クローゼットからよいしょと取り出し、コードを出して、コンセントを挿して、掃除したい位置まで移動するといった動作がいらないのです。

使い始めてみると、今まで無駄な動作をしていたことに気付かされます。

 

ハンディータイプにもなる

ヘッド部を変えれば、ハンディータイプにもなります。

ふと気づいたホコリを吸いたいときとかに便利で、充電はハンディータイプのヘッドを付けた状態で行い、いつでも掃除ができるようにしているほどです。

そして、もう一つ便利なのが、車内を掃除したいときにも使えることです。ハンディータイプを買う必要はなく、このdyson1台で事足ります。

 

ゴミが取れている様子が見える

一見、あまり汚れていないように見える部屋も、ある程度掃除機をかけてゴミをかき集めてみると、ダマになっている様子が掃除機内部に見えます。

掃除したという実感が湧き、このモチベーションが結構重要であることに気づきました。

今までサボっていたことが多々あった掃除ですが、必要であると普段から実感できるのは生活環境改善にも良いことです。

 

デメリット

やや重い

充電タイプで長時間使うことはないのですが、やや重く感じます。女性とかには使いづらいと感じる人もいるのではないでしょうか。

軽さを売りにしたdyson以外の掃除機もあるので、そちらも検討することをおすすめします。

 

高い

V8は前世代の製品なのである程度は安くなっていましたが、他の掃除機よりは高めです。メリットが大きいと感じられれば気にならないのですが、気になる人はもう少し安いスティックタイプの掃除機を検討してみるのもいいと思います。

 

特に気にならないこと

電池の持ち

気になるかもしれないと思っていましたが、使ってみると気にならなかったです。

一人暮らしで掃除する範囲が広くないことや、気軽に掃除できることから数回に分けて掃除を行うこともできて、1回の掃除時間が短くなったことも要因だと思います。

 

まとめ

メリットが多く、買って正解でした。

値段と重さが気になる人は別のメーカー品を検討してみるのもいいとは思いますが、スティックタイプの掃除機自体は非常に使いやすく、便利ですよ。

 

スティックタイプの掃除機はキャニスタータイプの掃除機とシェアが並びそうな勢いで普及しているらしいです。人気のスティック式掃除機 日米欧のシェア争いが激化 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

それだけ進化していて、使いやすくなっているということでしょう。導入していない人は検討してみてはどうでしょうか。

© 2017 azusa's memo.