light & fluffy

ふわふわと軽く書きたいことを書きたいときに

MENU

親の定年が近くなり・・・

f:id:azusa19:20180923014100j:plain

親の定年が近くなってきて、老後についての話が度々出るようになってきた。

自分も含めてそんな歳なんだなぁー、と思ってしまう。

 

自分の両親はいろいろとラッキーなことが重なり、金銭面では世の中の平均的な人ほど困っていない。

  1. 親(自分の祖父母)の介護や、そのための資金援助が不要なこと
  2. 子供(自分や兄弟)も定職についており、今のところ支援が不要なこと
  3. ここ10年ほどの間、投資信託による資産運用を行っており、タイミングもよく資産が増えていたこと
  4. 十数年前の不動産が安かった時期に家を買っており、ローンは返済済みで、その価値もあまり下がっていないこと(老後も問題なく住む家があること)

この辺が大きいと考えている。

いずれかでも欠けていたら、不安があり、息子としても安心して見ていられなかったと思っている。

親や自分の知り合いの話でも、どれかで困っている人が多く、ここまで恵まれているのは珍しい印象だ。

 

逆に言えば、自分はこんなラッキーな状況になれるような気が全くしない。

1の心配がないアドバンテージはあるが、2や4はどうしようもないときもある。

そういう意味で、3の資産運用というものは今後も続けていきたい。

 

半年以上もブログを書いていなかったが、インデックス投資を軸にしながら、その他にも少し攻めた投資もいくつか続けて、資産を少しずつ増やしている。

もう少し記録は残して行くべきですね。

© 2017 azusa's memo.