light & fluffy

ふわふわと軽く書きたいことを書きたいときに

MENU

美術

ヨハネス・フェルメール《ヴァージナルの前に座る若い女》~最新の展示場所の確認方法も~

ヨハネス・フェルメール 《ヴァージナルの前に座る若い女》 晩年の作品の一つで、《ギターを弾く女》と同様に(他作品と比べて)描き込みの粗さが観られる作品。 楽器を描いた作品は数多くありますが、ヴァージナルと女性を描いた作品は同じく晩年に描かれた…

ヨハネス・フェルメール《デルフトの眺望》

ヨハネス・フェルメール 《デルフトの眺望》 真贋論争のある数点を含めても37点しか現存しないフェルメールの作品のうち、2点しかない風景画の一つ。もう1点の《小路》と比べると風景画らしい広角の絵であり、フェルメールの作品の中ではやや浮いています。 …

ルーベンスは風景画も凄い!

2018年に東京の西洋美術館で特別展も開かれました、バロック美術を代表する画家の一人であるピーデル・パウル・ルーベンス。宗教画や神話を題材とした絵が特に有名なルーベンスですが、個人的には風景画が好きです。 細かな書き込みがあるわけではありません…

ナショナル・ギャラリー展はクリヴェッリにも注目!

bijutsutecho.com (記事からの引用) 2020年3月より東京・上野の国立西洋美術館で、2020年7月より大阪・中之島の国立国際美術館で開催される、世界初となる「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」。 本展では、すでにゴッホの代表作である《ひまわり》の初来…

© 2017 azusa's memo.